BH工法(土留杭/抑止杭)
img_main

BH工法の掘削は大形ボーリング機械を使用、ロッドパイプ先端の掘削用ビットを回転させ安定液を先端より排出させ行う。掘削された土砂は安定液を正循環し孔内の上昇流にて孔口に設置したサンドポンプ等によって孔外に排出する。
掘削後、杭材等を挿入、コンクリート等の打ち込みを行い杭を築造する。

img_main

この工法は他工法では施工困難な狭い敷地での施工が可能であるのが特徴。

img_main

作業高さが低い場合でも施工が可能。

img_main

構造物近接作業にも対応。