SRD(低空頭RCD・BH)工法
img_main

従来圧入機に回転機構を付加した新圧入機「ジャイロパイラー」を用いて、施工が完了した杭(完成杭)を反力としながら、杭頭部を 自走して先端ビット付き鋼管杭を順次回転圧入する工法です。

img_main

杭築造箇所においては大規模の設備を必要としません。

img_main

大量の水を使用するため給水設備・プラント設備は杭仕様によって異なります。

img_main

プラント設備までの給水設備も現場条件により長さが変わります。

img_main

現場条件によっては100m以上、杭築造箇所とプラント設備が離れることも。